一流選手に学ぶ、感謝の力。

5172799896_d9e5fdeb9c_b

2014年のバレンタインデー。
NYヤンキースに移籍した田中将大選手が
twitterでこんなつぶやきをしていました。

@t_masahiro18:
僕は今日、今年初めてキャッチャーの方に
座っていただいてピッチング練習をしました。

何てことのない、
文章に見えるかもしれません。

けれど、
ここに超一流といわれる、
応援される選手の「違い」が隠されています。

答えはダルビッシュ選手に
教えて頂きましょう。

田中選手に対して、
ダルビッシュ選手がこんな返信をしています。

@faridyu: 座らせて。っていわないのいいねー!
皆普通に言うけど違和感半端ないよな。

投球練習とは、
その名のとおり投球の練習。

投手の練習です。

投手のための練習に、
捕手は時間を割いてくれています。

中には、
「捕手を座らせて」であったり、
「捕手を立たせて」と言う選手も多いのが事実。

けれど、
田中選手やダルビッシュ選手は
常に捕手に対して敬意と感謝を示しています。

さらに、捕手の選手は
投手と同じだけの球数を投げ、
「座る・立つ」という行動をくり返します。

冷静に考えてみると、
負担はすごいものですよね。

僕ら大人もそうですが、
子どもたち選手も、

「当たり前」を当たり前で終わらせず、
しっかりと感謝の気持ちを伝える選手は
どんどん成長しますし、まわりから応援してもらえます。

チームメイトや関わる方の
時間や労力を大切にしない選手は、
「周りが見えていない」とも言えるかもしれません。

周りを見ることができない選手は、
自分自身を客観的に分析することができません。

自分自身を客観的に分析できないと、
飛躍的な成長は難しいですよね。

苦悩を数えてはいけない。
幸せなことを数えて、それに感謝する時、
人は幸せになることができるのだ。
デール・カーネギー

近くにある「ありがとう」に気づき、
感謝の気持ちを伝えましょう。

そうすることで、
練習への集中力を高めることにもつながります。

子どもたち選手と一緒に、
近くにある「ありがとう」に気づき、
感謝の気持ちを伝えましょう。