「30秒」考える時間をつくるメリット

6731974149_f7114e6bc9_b

「ここではこうしなさい」
「次の試合はこうしよう」

僕ら大人がしゃべり続けてしまうと、
子どもたち選手の考える時間はどんどん
なくなってしまいます。

ですので、
タイミングよく問いかけ、
考える機会をつくることが大切です。

けれど、
かといって、

「きみはどう思う?」

と選手にいきなり問いかけ、
すぐに答えられないからといって、

「ちゃんと考えなさい」
「聞いていなかっただろ!」

と、伝えてしまうのは
ちょっと乱暴かもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
たとえ、
問題がすっかり解決しなかったとしても、
じっと考える時間を持ったということは、
後で思い出すたびに
意味があったことがわかります。
ー大江健三郎(ノーベル文学賞受賞者)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「いま、どんなことを感じてる?」

「さっきの試合からの学びは何?」

「次はどうすればいいと思う?」

そう問いかけた後は、

子どもたち選手が
新しい考え方についてよく考えたり、

自分の考えを
改めて感じてみる時間を
「30秒」ほどつくりましょう。

そうすることによって、
子どもたち選手は
適切な緊張感を感じながら、
自分の考えと向き合い、
知識を記憶に定着させる
ことができます。

問いかけた後に時間を与えることによって、
子どもたち選手の考える力を育みましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • その30秒が大人はなかなか待てないのですよね…
    ただここのところ色々なヒントをいただいていますのでぜひ実践してみたいと思います!
    意味の有る30秒…
    じっと我慢ですね!!

  • 今日の学び『30秒考える時間を与える』です。
    沈黙が、怖くしゃべってしまいます。
    考える時間を設けることは、自分の考えを整え、落とし込んでいる時間だと感じました。
    さっそく実践します。

    ありがとうございました。