やる気を続けるために「目的」を意識しよう。

8662866241_4dc82e8c09_b

やる気を継続するには、どうしたらいいんでしょう?
まず、やる気について整理しましょう。
やる気には、2つの種類があります。

1つ目は、外側からのきっかけで起こるやる気。
2つ目は、内側から沸きあがるやる気です。

「試合に勝ったらご褒美あげるよ」
「得点を決めたら、ご馳走を食べに行こう」

こうした、
外側からのきっかけによるやる気の良いところは、
一気にモチベーションが上がるところ。
けれど、その反面、やる気が続きにくい

では、
やる気を継続するためにはどうしたらいいのでしょう。

継続する1つのヒントは、内側からのやる気を引き出してあげること。
目標の先にある答えを見つめてみることが効果的です。

 
 

つねによい目的を見失わずに努力を続ける限り、
最後には必ず救われる。
-ゲーテ

 
 

「全国大会に出たい」
「県大会で優勝したい」
「MVPを穫りたい」

これらの目標の先にある答えを見つめてみる。

「なぜ、全国大会に出たいんだろう?」
「全国大会に出たらどんないいことがあるんだろう?」
「全国大会の先にはどんな未来が待っているだろう?」

「なぜ、その目標を達成したいのか?」
そう問いかけることで、目標の先にある目的が見えてきます。

目的を明確にして、子どもたち選手の
やる気を長続きするきっかけをつくりましょう。

 


もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。kuwasiku540

  • こんばんは。
    なるほど…。
    新1年を迎えるに当たってコーチ間で目標の話は色々していますが目的は殆ど話していませんでした…。
    六年生で県大会優勝!!
    この先に有るものは今まで積み上げてきた努力の成果を発揮してもらい更なる自信を身に付けて欲しいと考えています。
    そう考えると六年間で一つの目標では長すぎるのでもう少し手前にも必要ですね。勝ち負けに一喜一憂したくないので違う形の目標を考えて行きます。
    ありがとうございました!!

  • こんばんは。

    やる気を継続するには、信頼できる仲間がいる。事がとても大事と思っています。

    仲間と励まし合い、助けあって絆を強固にすれば、自ずとやる気が出ると思います。

    仲間作りのお手伝いができるように、精進します。

    ありがとうございます。

  • 目標の先にある目的を明確にする。
    普段そういうことは丁寧にやっていません。
    練習中子どもたちは集中力が続かないことが多いです。
    でも、練習前に目的を確認し、だれてきた時にそれを確認する
    ことでメリハリをつけられるのかもしれないと思いました。
    明日試合があります。そこでその日の目標、その目的について確認して
    から臨んでみたいと思います。