「教わる」より「教える」をしよう。

クラスで頭の良い子って
どんな子でしょう?

いつも勉強している子?

スポーツが苦手で
勉強ばかりしている子?

もちろん、
そうした子もいるかもしれません。

けれど、頭のいい子が
している共通のことがあります。

それは、

「教わる」ではなく
「教える」です。

頭の中で
しっかりと情報を整理し、

勉強がわからない友だちに対し、
その友だちがわかる言葉で、
理解できるように教えてあげる。

友だちからの質問にも、
時間をかけて答えてあげる。

そうすることで学習効果が高まり、
その子はよりテストの点を伸ばすことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
教えることは、2度学ぶことである。
– ジョセフ・ジュベール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは
スポーツでもおなじ。

なので、
いつもはコーチと選手、
先生と生徒という関係を離れて、

選手から選手へ。
生徒から生徒へ、
という関係をつくってみる。

パスが得意な選手は
パスの先生に。

ドリブルが得意な選手は
ドリブルの先生に。

いつも感覚的に
プレーしている選手は、

できない選手に伝えるために、
いろんな角度から自分を見つめるようになります。

子どもたち選手の
学びの効果を高める機会をつくりましょう。

 
 
  
 


もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • Guest

    出来る子は、教え上手。これ、私も常々思っています。
    教えることで、頭の中が整理出来ますものね。

    子ども達にも、積極的に働きかけるようにします。

    ありがとうございます。

  • Guest

    子どもから子どもへ、選手から選手へ
    全く新しい視点です。
    大人から伝えることばかり叶えていました。
    出来ている子から苦手な子へ、伝えることを通してお互いの学びが深まるということですね。
    早速活用させていただきます。

  • Guest

    教えるについてはただ自分が何となく出来てた事をポイントを整理して伝える必要があり、かなり難易度が高いと思います。
    子供同士はぜひ試してみたいです。
    (上の学年から1年生に)
    私が口で言うより伝わり安いかもしれません。
    ありがとうございます!!