緊張は「はじめて」を減らして軽くしよう。

6154529635_191a4c1b83_b

はじめての場所。
はじめての経験。
はじめての感覚。
はじめての取り組み。

はじめての体験が
緊張や不安をつれてきます。

子どもたち選手が
持っている力を試合で
十分に発揮するためには

「はじめて」の
不安を軽くしてあげる必要があります。

例えば、
結果を出したい大事な試合。

はじめて、その会場で
サッカーをする選手と

いつもその会場で練習し、
試合に臨む選手とでは
心の余裕に違いがあるのは明らか。

その心の余裕が
プレーに大きく影響します。

———————————–
コンフェデ杯もそうだったけど、
ワールドカップの前に開催国へ行って、
練習場や試合会場のピッチ、
ホテルや食事なんかを
知ることが出来るのはいいですよ。
オフ・ザ・ピッチの準備不足で
崩れていったチームはいくらでもある。
玉田圭二(プロサッカー選手)
———————————–

僕ら大人が試合中の指示やコーチングで
選手の力を伸ばすのは難しいかもしれませんが、

子どもたち選手が
試合前や試合中に感じる
ストレスやモヤモヤ感を
あらかじめ軽くするお手伝いは
できるかもしれません。

たとえば
試合会場を下見にいく。

試合会場に早く到着して
散歩をする。

ピッチに寝転んでみる。

どこに何があるか。
どんな場所なのか。
トイレはどこにあるんだろう。

「はじめて」を少しでもなくすことで
試合に集中し、実力を引き出しましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51