子どもと「いま」を楽しむことをはじめよう。

小学生からのメンタルトレーニング

どんなところが楽しい?

アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズは
「楽しいから笑うのではない。
 笑うから楽しいのだ」 と言っていました。
雨が降ると「あ~最悪」と
感じるのは自分の主観。
雨が降っている。
のは事実だけれど、
「あ~最悪」
と感じるかどうかは
人それぞれです。
来週、友人宅で
ハロウィーンパーティーに
誘われているのです。
僕は普段通りの服装で
軽い気持ちで
参加しようと思っていたのですが、
イギリス人の友人に
怒られてしまいました(笑)
僕はそもそも
「まぁ楽しければいいや」
ぐらいの気持ちしか
持ち合わせていなかったのです。
けれど、
ウィリアム・ジェームスの
言葉を思い出すことで、
視点を変えることができました。
何事も
楽しもう。と決めることで
見えてくるものがあると
思うんです。

子ども達のサッカーでも
同じことが言えると思います。
思うようにプレーできない。
自分ではコントロールできないことに
対してイライラする。
(仲間のプレーや審判のジャッジなど)
そうした
周りの環境にとらわれてしまうと、
どんどん良くない方向に
流れが傾いてしまいます。
けれど、
その状況を
最悪だ」と
捉えるのも、
やばい、楽しい(笑)
と捉えるのも自分次第。
未来のことや
先のことを考えると
不安が頭をよぎります。
もしかしたら
負けるかもしれない。
このままでは
うまくいかないかも。
けれど、
未来を変えるためには、
いま」を変える必要が
あります。
「いま」を
ないがしろにしていては、
「未来」を変えることが
難しくなってしまいます。
審判のジャッジは
納得いかない。
けれど、
この状況を変えるプレーが出来たら
成長できるし、
ちょっと楽しいかも。
仲間の分まで
プレーして、
チームが勝ったら
みんなで喜べるし
楽しいかも。

 
サッカーは楽しいものだし、
すべての瞬間を楽しむべきなんだ。
先のことは誰にも分からないのだから、
楽しむことを後回しにする必要なんてない。
– パブロ・アイマール(サッカー選手)



楽しむことができなければ、
いつかサッカーから
心が離れてしまいます。
本当に大事なことは、
その場を精一杯楽しむこと
ウィリアム・ジェームズは
「楽しいから笑うのではない。
 笑うから楽しいのだ」
と言っています。
そして、嬉しいことに
「楽しい」は伝染します
「いま」を楽しむを
はじめましょう。
楽しんでいますか?




お知らせ 

 
プレゼントつきメールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!!  
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ