「ふさわしい選手」を目指そう。

5678538274_1e928447a8_b

「ここで打てなかったらどうしよう」

「1回戦で負けちゃったらやばい」

「レギュラーに選ばれたい」

過去や未来、
そして結果をコントロールすることはできません。

どんなに一生懸命プレーしても、
最終的には勝ちを得られないことももちろんありますし、

全国大会に出場できなかったり、
地域の選抜チームやレギュラーに
選ばれないこともあるかもしれません。

未来をイメージしすぎて
不安が不安を連れて来てしまうことがあります。

「勝てなかったらどうしよう」

「選ばれなかったらどうしよう」

大きく膨れ上がった不安が
やる気や自信も奪っていってしまいます。

そんなときは、
「いまできること」に意識を向けましょう。

レギュラーになるために今日、できることは何だろう?

全国大会で優勝するために、今週できることは何だろう?

どんなことを、
どれくらい、練習しよう?

意識の向け先を
未来の不安ではなく、
いまできることに変えてあげることで
不安でいっぱいになった頭の中を整理することができます。

 
 
 
 
  

悲しむことはない。
いまの状態で何ができるかを考えて、
ベストを尽くすことだ。
ー ジャン・ポール・サルトル(哲学者)

 
 
 
  

とはいっても、
不安を溜め込んで蓋をするのは、ちょっと心配。

ですので、
まずはその不安や心配事を自分の外へ出しましょう。

誰かに聞いてもらうのもいいですが、
おすすめは紙に書き出すこと。

きれいに書く必要は全くないですし、
誰かに見せる必要もありません。

頭や心の中を書き出すことで、
頭や心にスペースをつくることができます。

その紙は
丸めてゴミ箱に捨ててもいいですし、
燃やしちゃってもいいかもしれません。

全国大会で優勝できるかはわかりません。

選抜の選手に選ばれるかはわかりません。

レギュラーに選ばれるかも、
試合で得点を決められるかもわかりません。

相手がいることなので、
結果をコントロールすることはできません

けれど、
それに「ふさわしい選手」になることはできます。

全国大会で優勝するにふさわしい選手。

選抜に選ばれるにふさわしい選手。

レギュラーにふさわしい選手に、
試合で得点を決めるにふさわしい選手。

ふさわしい選手になるために不安を一度外に書き出し、
いまできることに意識を向けましょう。

 
 
 
 
 



もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • Guest

    不安になるときほど、今何ができるかにフォーカスする。
    また不安は、紙に書いて吐き出して捨てる。
    勉強になりました。
    仕事でも、自分の活動でも活かします。
    いつもありがとうございます。