失敗するな!と言うと、子どもが失敗する理由。

こどもを伸ばす【質問】の授業。
脳には変わった特徴があります。
ピンク色のゾウを想像しないでください
きっと、多くの方が
ピンク色のゾウをイメージしたと思います。
イメージしないでくださいと言われても、
イメージしてしまうのが、脳の特徴です。
脳は【否定のコトバ】を
理解することができません。
理解できるのは【肯定のコトバ】だけです。
否定のコトバも
肯定のコトバとしてとらえてしまいます。
なので、
負けたくない」と思った瞬間、
頭の中では「負ける姿」をイメージしてしまいます。
失敗しないようにしよう」と思った瞬間、
頭の中では「失敗している姿」をイメージしてしまいます。
気を抜くな!」と言われた瞬間、
頭の中では「気を抜いている姿」をイメージしてしまいます。
人はイメージした姿にむかって
無意識に行動しはじめます。

 
「難しい」「大変だ」と言ってしまうと、
頭にマイナスイメージがインプットされる。
だから僕は「エンジョイ!」と言う。
– イアン・ソープ(水泳オリンピック金メダリスト)

 



脳は否定を理解できないため、
心の中でとなえる言葉はとても大切。
本番で実力を発揮したいのであれば、
否定のコトバではなく、
肯定のコトバをとなえましょう。
「失敗しないようにしよう」ではなく
成功できるようにしよう」と考える。
「成功できるようにしよう」と思った瞬間、
 頭の中では「成功している姿」をイメージします。
「気を抜くな!」ではなく
最後まで集中しよう!」と考える。
「最後まで集中!」と思った瞬間、
 頭の中では「集中している姿」をイメージします。
イメージした姿に向かって、
人は無意識に行動します。
普段、自分自身や
チームで使っているコトバをちょっと振り返ってみて、
これからは
肯定のコトバをを意識しましょう。

お知らせ 

 
更新時に直接届くメールマガジンの登録はこちらから。  
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼
facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼