×だって見方を変えると+になる。

こどもを伸ばす【質問】の授業。

ものの見方を変えよう。

先日、サッカーチームにお邪魔してお話をする機会を
頂いたのですが、その日はすごい豪雨でした。
それでもたくさんの方が来て下さって、
いつもの質問をしました。
「この講座が終わった時に、
どうなっていたら最高だと思う?」
そこで小学4年生のある男の子が答えてくれました。
「うーん、雨がやんでくれていたらいい」
本当にすごい豪雨だったので、
思わず「それだ!」と答えそうになったのですが、
残念ながら雨を止める方法はお伝え出来ないので
笑って「イイネー」と伝えました(笑)
質問を通じて、
自分と向き合い、考える時間が大切ですからね♪
自分のコントロールを超えた領域、
つまり、
自分ではどうにもできないことに
フォーカスしてしまう思考をできるだけ
少なくすることが大切です。
天候や
電車の到着時間。
審判のジャッジや
相手チームの行動。
自分では
コントロールできないところに
意識を向けると
イライラしたり、
ストレスが溜まってしまいます。
変えることのできない
状況はたくさんあります。
けれど、
その見方を変える事は
できるはず。
見方を変えることができれば、
その状況が自分に与える
影響も変えることができます。
明日は運動会、
残念ながら雨らしい。
でも、
1日楽しみが伸びたからいいや。
審判の相手に有利なジャッジを
していて納得がいかない。
でも、
こんな状況の試合で
勝つことができたら
すごい自信になると思う。
状況は変わらなくても
その状況の見方は自分次第。
見方をちょっとずつ変えてみましょう。
この状況にはどんな意味があると思う?

お知らせ 

NEW 親子でできる。しつもん体験。
11/20(日) 18:30~ 詳細はこちら
http://ameblo.jp/oyakogaku/theme-10038459634.html