トップ> コラム> 子どもたち選手の「別に」を防ぐために文字を意識しよう!

子どもたち選手の「別に」を防ぐために文字を意識しよう!

5654597736_88f18f24dc_b

子どもたち選手と
接するときは
言葉をとても意識しています。

言葉の「文字」
といった方が
良いかもしれません。

文字にすると
たった一文字の違いなのに
大きな違いが
生まれることもあります。

たとえば、

「今日、良いこと何かあった?」

と、問いかけても、

「別に」であるとか
「特にない」

というような
答えが返ってきます。

けれど、

「今日、良いこと何があった?」

としつもんすると、

「えっとねー」と
子どもたちは答えを
探しはじめるんです。

面白くないですか?
(興奮ポイントですっ笑)

たった1文字かわっただけなのに、
大きな変化があるんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その人の知性は答えではなくて
質問で測られる。
ーアルベルト・アインシュタイン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「なんでシュート打たないんだ!?」

と問いかければ、
だって…と言い訳が返ってくるのと
同じように、

しつもんの仕方ひとつで、
子どもたち選手の答えにも
変化が起きます。

まずは、

「今日はいいこと何があった?」

と問いかけて、
子どもたち選手の考えを知る
時間をつくりましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

2015.02.26
いいな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly
  • LINEで送る
★ メルマガ好評配信中 ★
名 
メールアドレス
都道府県
メール形式 PC・スマートフォン
携帯電話

  • ニュース
  • コラム
  • お客様の声
  • レポート
  • おすすめ商品
  • 研修・講演

インストラクター養成講座

なりたい自分になる

オンラインストア

作戦会議

MIZUNO ZONE LAB

サカイク掲載記事まとめ

★ facebook ★
★ Twitter ★