チャンピオンになる選手の考え方

8967977215_f7211f360b_b

子どもたち選手も僕ら大人も、
20年後になりたい姿や
実現したい未来があります。

けれど、

「夢は日本代表!!
 と、とってもはっきりしているんですが、
 口だけで何にもしないんです…」

と、
悩んでいる保護者の方も少なくありません。

日本代表になるまでの道のりが具体的でなかったり、
行動目標が明確でないなど、
実際に行動に移せない原因はたくさんありますが、

このままでは、
口だけの選手と言われてしまいます。

「全国で優勝したい人?」

そう子どもたちに問いかけると、
みんな勢い良く手をあげます。

けれど、

「じゃあ、
 全国優勝に自分はふさわしいと思ってる人?」

としつもんすると、
「はっ!」とした表情をつくり
気まずそうな雰囲気が…。

僕ら大人もおなじかもしれません。

「あと5kgはやせたいわ」

「会社が給料あげてくれないんだ」

と口にはしますが、
そのためのふさわしい行動を
しているかと聞かれると、

自信を持って「はい」とは
言いづらいかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チャンピオンになりたかったら、
チャンピオンになるはるか前から、
チャンピオンの仕草や表情なども
マネするべき。
ジム・レイヤー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「全国で優勝するに
 ふさわしい自分には何が必要だろう?」

そのアイデアを
子どもたち選手と書き出してみる。

もっと練習が必要かもしれないし、
休息も必要かもしれません。

もっと体のケアを
意識した方がいいかもしれませんし、

食べ物にも気を配った方が
いいかもしれません。

子どもたち選手と
なりたい自分にふさわしい自分を
いまからつくりましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • Guest

    こんにちは。
    いつもこのメールに返信する時間が、前向きに考えるよい時間となっています。
    ありがとうございます。

    チャンピオンになる選手。
    とても憧れます。

    実は息子のいたミニバスが今年全国大会に行くことになりました。
    息子もミニバス時代はもちろん全国を目指していましたが、とても遠い道のりでし
    た。
    そこで、息子の時と今年の子供たちとの違いを考えてみました。
    今年の子供たちは小学2年や3年の時にその当時6年生だった子たちがちょうど全国
    を決めていて、
    保護者も子供たちもそんな先輩方をしっかり見て、自分たちも絶対に全国に行きたい
    という思いを強くもっていました。
    今日のメールに書かれているチャンピオンにふさわしい姿というのをしっかり頭で描
    けていたのではないかなと思います。

    うちの息子も中学では県で優勝することはできました。
    少しスタートが遅かったぶん、ミニバス時代は優勝することはできませんでしたが、
    しっかり中学ではその姿を描けていたのかもしれません。

    また次のステップに進めるよう、日々精進していきたいです。

    ありがとうございました。(お客様からのご返信)