「応援」は子どもたち選手の望むカタチで。

6802072810_184afa3724_b

子どもたち選手が、
何かを続けようと思ったときや
本番で自分の力を発揮するためには、
保護者の方の応援が欠かせません。

僕ら大人も、
誰かから応援されるとより力を発揮できるのですから、
子どもたち選手であればなおさらですよね。

けれど、
選手が望む応援のかたちで届けないと、
保護者の方は一生懸命に応援しているつもりが、
反対に選手の力を奪ってしまっているケースもよく見かけます。

これでは、
とてももったいないですよね。

子どもたち選手が
「こんな応援をして欲しい!」
という応援のカタチを
しっかりと知り、理解し、
その方法で伝えることが大切です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
僕はいじめられっ子でした。
だから自分を支えてくれる人、
応援してくれる人がいるのがものすごく嬉しいんです。
だから、ファイトマネーなんか二の次。
嬉しくって嬉しくって。
世界チャンピオンになってからだって、
天狗になるなんてホント、意味わかんないですから。
ー内藤大介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ランニングを続けたいの」

疲れていても自分の力を
最大限に発揮するために、
毎日のランニングを目標にした双子の女の子。

お姉ちゃんは

「自転車でもいいから、
 ママがとなりにいてほしい」

と言っていました。
一方、妹の女の子は

「ママに頑張れって声をかけて欲しい」

と口にしました。

双子の女の子でも、
望む応援のカタチが違います。

「目標を達成するために
 どんな応援をして欲しい?」

「どんな応援はイヤ?」

子どもたち選手が
望む応援のカタチを届けましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51