習慣化のコツは「いつもの時間、いつもの場所」で。

5383751969_4b38ebe6a7_b

新年に誓った抱負も
気がつくと全然手につけられなかった、
という人も少なくないはず。

中には、
「抱負なんだったっけ?」と
それ自体も遠い過去の話になり、
忘れている人もいるかもしれません。

子どもたち選手にも
おなじことが起きていて、

「今年はもっとうまくなるために、
 たくさん練習しよう」

「英語も話せるようになりたいから、
 勉強をしよう」

「いろんな人の考えを知りたいから、
 読書をしよう」

と、
はじめたいことを決めるも、
続けることができず、
そのままほったらかしに
なっているものがたくさん。

「やる気があるときだけやる」
では望むような成長は
できないかもしれません。

行動を習慣化させるコツ。

それは、
「いつもの場所、いつもの時間」で
やること。

20時にお気に入りの
ソファの上で本を読む。

朝、6時から公園で
15分間ランニング。

と、
場所と時間を決めることが
物事を継続するコツです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前進をやめてはいけない。
前進は継続していくものだ。
続けることが前進だ。
それは永遠である。
セシリア・メイレレス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寒くても、
雪がふっていても、
やり続けることが理想ですが、
そこまで意思を強く持ち続けることが
不安な方は、

あらかじめ、
代わりの案も考えておきましょう。

「雨がふったら代わりにこれをやる」

「調子が悪い時は、
 これでもオッケー」

など、
カチカチに完璧に決め込まず、
ある程度の柔軟性をもつことも
続ける上では大切です。

子どもたち選手と一緒に、
「いつもの場所、いつもの時間」を
活用することで、
続ける力を育みましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51