子どもたちが「自分らしさ」を表現するヒント

15365724432_cab522bf14_b

子どもたち選手の個性を引き出し、
その子らしさを発揮するためには、
選手のことをよく「知る」ことが大切です。

けれど、
僕ら大人はついつい
目の前に映る見えるものだけに
意識を奪われてしまいがち。

「集中力がない」
「3日と続かない」
「人の顔色をうかがう」

ある女の子のお話をご紹介します。

ジリアンは落ち着きがなく、
いつもそわそわしていました。

宿題はいつも遅れて提出し、
授業中も歩き回ってしまいます。

そして、
学校の先生は両親に
ジリアンには学習障害があると伝えました。

今だと、
ADHDと言われるのかもしれません。

ジリアンと両親は
専門家に相談にいきます。

専門家の医師からは
厚い壁に囲まれた部屋の隅に
20分間座るよう伝えられました。

一方で、
医師は母親と一緒に
ジリアンの学校での問題について話し合いました。

ジリアンの行動は、
他の生徒の学習に師匠をきたすという話を
聞いた医師は

「きみのお母さんと2人で少しお話がしたいんだ」

と伝え、
ジリアンを1人残し、
ラジオのスイッチを入れ母親と部屋を出て行きました。

部屋の外では母親に
「ここでジリアンを見ていて下さい」と伝えました。

するとジリアンは元気そうに、
音楽に合わせて動き始めたんです。

母親と医者はそんなジリアンを見守りました。
そして医者は母親に言ったんです

「お母さん、ジリアンは病気なんかじゃありません。
 ダンサーですよ」

その後、彼女は
ロイヤル・バレー団のオーディションに合格。
そして、僕らも知っている作品
「キャッツ」や「オペラ座の怪人」という作品を生み出し、
何百万人もの人に感動と喜びを与えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発見の旅とは、
新しい景色を探すことではない。
新しい目を持つことなのだ。
─マルセル・プルースト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どうしてこの専門家の先生は
彼女の魅力に気づくことができたんでしょうか。

「一般的」であるとか「常識」という
言葉になれすぎてしまうと、
そこからはみ出る「欠点」ばかりに
意識が向いてしまいます。

けれど、
はじめて見るときのように見ることで、
物事を色んな角度から見る力がつくのかもしれません。

「集中力がない」
「3日と続かない」
「人の顔色をうかがう」

という視点がある一方で

「視野が広い」
「好奇心旺盛」
「思いやりがある」

という視点もあります。

「2−0で勝った」という試合の後でも

子どもたちに、
どうだった?と問いかけると、

「勝てて嬉しい!」
という選手もいれば、
「勝てたけど、もっと点を取りたかった」
と話し始める選手がいます。

どちらが良くて、
どちらが悪いということではなく、

物事にはいろんな見方があり、
僕ら大人はいろんな角度から見れることで、
子どもたち選手のことを
一方的に決めつけず、
よりよく知ることができるのかもしれません。

子どもたち選手と一緒に
いろんな角度から見る練習をしましょう。

 
  



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51