子どもたちが言うことを聞かないのはなぜ?

DPP_560

「子どもが言うことを聞かなくて困っています」

子どもたちと接していると、
「もっと話を聞いて欲しい」
「ここは大事だから耳を傾けて欲しい」
と、感じる場面がたくさん訪れます。

心にゆとりがあれば、
静かになるまで待つことができるものの、

ついつい
「話を聞きなさい!」と声を荒げて、
伝えてしまうこともあるかもしれません。

その結果、
伝えたつもりのものも、
「なんかコーチが怒ってた」と、
感情しか伝わらないということも起こってしまいます。

人を変えようとすると、
その通りにいかなかったときに
怒りが生まれます。

「どうしてあんなに言ったのに!」
「何度言ったらわかるんだ!?」

もしかしたら、
これは子どもたち選手を
「変えよう」
「変えてやろう」
と、見ている時に起こりやすいかもしれません。

「うちの子は言うことを聞かないんです」
という悩みをよく耳にします。

けれど、
ちょっと落ち着いて、
逆の立場になって考えてみましょう。

両親や会社の上司が、
言うことを聞かせようと強引に向かってきたら
どういう気持ちになるでしょうか。

子どもたちをなんとかして
変えようとすると、
子どもたちも反発しはじめます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人と人とのあいだに起こる
問題のほとんどは、
誰しもがまず、
他人を変えようとするところから
発生するのです。
ー ロバート・コンクリン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子どもたちを変えたいときに
大切にしたいこと。

それは、
子どもたちを
変えようとしないこと。

変えようとすればするほど、
子どもたちは反発します。

僕ら大人ができることは、
子どもたちが「変わりたくなる」ような伝え方
を意識すること。

「練習しなさい!」
「勉強しなさい!」

ではなく

「どうしたら練習や勉強をしたくなるか、
 一緒に考えよう」

というような心の余裕も
同時に備えられると良いかもしれません。

子どもたちの中には、
自分の将来の夢と向き合うと
「変わりたい」と感じる選手もいますし、

自分の良い所を見つめて、
やる気になる選手もいます。

「言うことを聞かせよう、」ではなく、
「どのように伝えたら、伝わるだろう?」と
考え、「伝えた」から「伝わった」
変えていきましょう。
 
 
 
 



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51