あれもこれもを手放すと、子どものらしさが見えてくる。

あれもこれもを手放すと、子どものらしさが見えてくる。

今月末からまた海外に行きます。
人生初のクルーズですので、はりきっています笑
飛行機に持ち込むことができる
バッグ(スーツケース)の重さは
あらかじめ決まっていますよね。
今度僕が乗る飛行機は
手荷物は10kg
機内は23kgといった具合に。
僕は荷物が多い方ですから、
いつもこの重量制限に
悩まされます。
けれど、
重量制限のおかげで
考える時間を作ることができます。
何を持っていて、
何を手放すのか
本は2冊までにしよう。
お気に入りのシャツは今回はやめとこう。
など、
制限がある事で
改めて考えることができます。
子ども達とサッカーを学ぶ際にも
同じ事が言えるかもしれません。
ついつい、
いろんなことを取り入れたいし、
いろんなことを伝えたいと
思ってしまいます。
けれど大切なことは、
最終的にどんな姿になってほしいか?
そこにマッチしているのであれば、
もちろんチャレンジするし、
方向性が違うのであれば、
手放すという決断も必要ですよね。
なにをして、
なにを手放すのか。
手放すこと
を明確にすると、
大切にしたいものが
浮き上がって来ます。
手放すこと
を明確にすると、
子ども達のらしさ
見えて来ます。
>>> 今日は何を手放しますか?

にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼
facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼