やる気の根っこは「なぜ?」が大切

スクリーンショット 2016-05-18 16.34.22

毎日のランニング。
合宿での長距離走。
何となく続けているサッカーノート。
お風呂の後のストレッチ。
週に3回の筋力トレーニング。
英会話の勉強。
塾に水泳、
書道にピアノ。

子どもたちも
習い事やお稽古など
忙しい毎日を送っています。

「これ、いやだな。」

「何でこんなことしなくちゃいけないの?」

「もう、やめちゃおうかな」

そうした感情が
沸き上がってくることもあるかもしれません。

でも、
「嫌だな」と思ったときこそ、
価値観を見直すしつもんが効果を発揮します。

それは、

「なぜ、これをしているのだろう?」

という問いかけです。

 

行動が習慣化されると、
何も考えずに行動を起こすことができます。

これは素晴らしいことですし、
意識的に続けた行動を
無意識にでもできるようになったわけで、
そのための練習ともいえます。

けれど、
ふとしたきっかけで、

「嫌だ」
「辞めたい」
「今日は行きたくないな」

という感情がわき起こってきます。

それは、
人との関係で生まれるかもしれませんし、
自分の内側から生まれるかもしれません。

 

そうした時こそ、

「なぜ、これをやるんだっけ?」と問いかけましょう。

「なぜ?」と問いかけることで、
価値を再認識することができます。

この行動や活動は
自分のビジョンのどこにつながっているのか。
自分の夢や目標にリンクしているのか。

もしつながっていなければ、
「手放す」ことが必要かもしれません。

「なぜ?」と問いかけることで
初心を思い返すことができます。

 

理由はどうあれ、
なぜそれをやるのか明確な自覚を持つことが大切。
ーアマルティア・セン(ノーベル経済学賞/経済学者)

 

「嫌だな」
「やりたくない」

そんな感情を味わっている選手達を前にしたら、
ちょっと立ち止まって考える時間を作ってあげましょう。

「将来はどんな選手になりたいと思う?」

「そのために今の練習は必要だと思う?」

「必要ない!」ということであれば、
子どもたち選手の意見を尊重し、
「待つ」ということも大切かもしれませんし、

「必要!」と感じてくれれば、
子どもたち選手はますますやる気に満ちて行動をしはじめます。

あたらめて、
「なぜ?」を考える時間を作りましょう。

 

>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon