後悔のエネルギーを力にしよう。

0065

「あの時、
 もっとやっていれば・・」

「しっかり続けていれば・・」

僕ら大人も子どもたち選手も
少なからず後悔の気持ちが
心の中で立ちこめています。

けれど、
ちょっと立ち止まって
見つめてみると、

そうした後悔が
僕らのエネルギーになっていることも
あるかもしれません。

「もっとこうすればよかった」

「もう一度、その時に戻れたら
 こうするのに」

過去を振り返ると
後悔が出てきます。

けれど、
その後悔を
未来へのエネルギーに
変えることもできます。

「あのとき、
 もっとこうしていれば・・」

を、

「次は、こうしてみよう。」

のように、

過去の後悔を
未来へのエネルギーに
変えてみる。

そうすることで、
失敗をした経験があるからこそ、
成長が待っているともいえますよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

後悔を繰り返したり、
心に渦巻く葛藤に悶々としているとき、
その人の視線は過去を向いています。
もうすんでしまった、
いまさらどうすることもできない過去に、
エネルギーを吸い取られているのです。
そのエネルギーを未来に向けること。
それが、前向きに生きるということです。
前向きに生きる姿勢を持続するかぎり、
その人の人生は間違いなく
よいものになります。
ー大原敬子(幼児教育家)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本気になる。
本気でやる。

言葉で言うのは簡単。

でも、
ほんとに気持ちを込めるには
やっぱりそれなりの体験が必要。

それは
悔しい感情かもしれないし、
挫折の経験や
過去の後悔かもしれません。

「後悔しないように」
「失敗しないように」

と、
失敗を成功に変える考え方も
大切ですが、

失敗した経験があるからこそ、
成長と次の成功を
引き寄せられるのかもしれません。

後悔することに
ネガティブなイメージを持つのではなく、
後悔を未来への
エネルギーに変えましょう。