理想の自分に近づくたった1つの方法

いつもお読み頂き、
本当にありがとうございます!!



■ 理想の自分に近づくたった1つの方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「なりたい自分の姿に
 近づくために何ができるかな?」


朝は何時に起きて、
夜は何時に寝よう?


朝はどんなご飯を食べて、
学校ではどんな時間を過ごそう?


お友達とはどんな関係を築いて、
どんな想いで練習にのぞもう?


どんな小さいことでもいいから、
ひとつずつ積み重ねていくことが
とっても大切。


子どもたち選手が
描く理想の自分に
ちょっとでも近づくために
大切なこと。



それは、
小さなことの積み重ね。


ひとつひとつは
どんなに小さいことでも、

コツコツと積み重ねることで
理想の未来に辿り着く
ことができます。



紙一枚の薄さでも
積み重ねると本の厚さになります。



新聞紙を25回折ると、
富士山よりも高くなります。








大切なのは
小さなことの積み重ね。


一見、
「そんなこと小さなこと気にする?」
と言われそうなことも
大事にすることが
すごく大切です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


シュンさん(中村俊輔)は
代表合宿のとき、
お風呂に入ったあと、
必ずストレッチルームに
行って体のケアをしていた。
食事のときも、観察していると
脂っこいものは食べてない。
些細な事なんだけど、
そういうことの積み重ねが
結果に表れるれるのだと思う。
ー長谷部誠(サッカー日本代表)

                  ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




なりたい自分になるために、
まずはこれをやろうと
決めてみる。


最初はひとつでも十分。


「一気に9つはじめて
全部続かなかった!」

ではさみしいから、


まずは
1つを深く長く
つづけよう。


意識しなくても
できるようになるまで。


もうお試しになりましたか?

しつもんで子どもやる気を引き出すコツを

無料でプレゼントしております。


こちらからどうぞ。

http://shimt.jp/gift/5step.html