選手と話をするときに最も大切にしたいこと。

3551965518_b4724ed02c_o

心理的な面はもちろん
子どもたち選手と話をするときに
大切にしていることがあります。

それは、
先入観を取り除いて、
選手の話を聴くこと。

僕らはついつい、
見た目や態度、
雰囲気などから、

主観的に、

「この選手はこう思っている」
「きっとこんな考えをしてるだろう」

と決めつけてしまいがち。

ついつい自分なりに大切にしている
色をつけてしまいます。

けれど、
先入観を持ったまま話を聴いてしまっては、
子どもたち選手は心を開いてくれませんし、

そもそも、
何のために話をしているのかも
わからなくなってしまいます。

映画館って映画が上映される前に、
コマーシャルがありますよね?

そのコマーシャルに
「血液型の歌」というものが流れたんです。

ブブー・スリーという豚が3匹現れて、
血液型について1分程歌っているのですが、
これがとても興味深いんです(笑)

日本の3割はO型らしいのですが、
アフリカや南米はほとんどの人がO型。

日本の4割はA型で、
ヨーロッパはほぼA型らしいのです。

「血液型占いが流行るのは日本だけ」

「自分を知る」ための
1つのツールとして使うのは大賛成。

けれど、
あいつはB型だから…
とひとくくりにしては、

本来見えるはずのものも
見えなくなってしまいますよね!

ヨーロッパの人は
ほぼA型だそうですし。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先入観を持つということは、
英知への扉に
鍵をかけてしまうようなものである。
ーメリー・ブラウン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子どもたち選手や
大切な人と話をするとき、

一度、
頭の中にある
先入観を置いて、
あるがままに話を聴きましょう。

そうすることで、
選手の心の奥にある
心のクセや悩みが見えてきますし、

信頼関係をより深く
築くことができます。

子どもたちと関わる際に
先入観は一度横に置いて話を聴く、
をはじめましょう。