選手の行動を引き出すコツは目標を小さくすること


いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!
本日は、
行動を引き出すコツは目標を小さくすること
について、過去のメルマガを加筆修正して
お届けしますね。




一気にはじめない。


「朝、15分早く起きるようにしたんです。
 その時間を自分の時間に
 することに決めたんです。」
本を読んだ後、
わくわくする会議をした後、
映画をみた後、
友達と話した後、
舞台を鑑賞した後、
スポーツを観戦した後、
気持ちが高まっている時って、
「こんなことをしてみよう!」
というアイデアが
たくさん出て来ます。
いつもは
考えても考えても
出てくる気配がないのに(笑)、
気分が高揚していると
どんどんアイデアが
湧いて来ますよね。
でもこの時には
ちょっとだけ注意が必要。
気持ちが高まってるときに
ついついやってしまう
ことがあるんです。
それは、
「行動目標(アクションプラン)」
が大きすぎたり
高すぎたりすること。
子ども達とサッカーを
観戦しに行ったときのこと。
応援していたチームの
劇的な逆転勝利に
子ども達は大興奮。
「サッカーを観て、
 どんなことを感じた?
 どんなことが学びになった?」
そして、
「じゃあ、この学びを生かして、
 どんなことをやってみたい?」
そう質問すると子ども達は、
「毎日リフティングをする!」
「朝早く起きて走ろうと思う!」
それぞれ
自分で考えて行動目標を
教えてくれます。
でも、
ほとんどの選手が
なかなか続けることが
できませんでした。
それは、やっぱり
行動目標が大きすぎるから。
これをやってみよう。
これをやりたい。
その気持ちは
すごく大切。
ましてや子ども達の
心の内からでてきた想いですから、
応援したいですよね。
でも、
3段飛ばし、
4段飛ばしで
階段を登ることが
難しいように、
行動目標が大きいと、
達成することが
すごくむずかしくなってしまいます。
だから、
行動目標はちいさくちいさく。
1日3分~5分でできることを
まずはやってみる。
そしてそれを
続けていくことで、
10分できるようになる子もいますし、
より質の高い5分をすごすことが
できるようになる子もいます。


 

   
 少しずつ前に進んでいる
 という感覚は
 人間としてすごく大事
 - イチロー(メジャーリーガー)


そして、
ちいさくちいさくした目標も
続けことで、
子ども達の成功体験となり、
「僕はできるんだ。」
と自信になります。
ちいさくちいさく、
をはじめましょう。
>>> 目標を小さく噛み砕いていますか?



お知らせ


 
子どもたち選手の力を引き出す記事を
 お手元にお届けします。
 ご登録は下記からお願いします。ありがとうございます!
 
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ