子どもたち選手と「書いて」心を整理しよう。

4382953112_29080209b1_b

「自分に自信がない」

「大舞台などのプレッシャーに弱い」

僕ら大人も子どもたち選手も
大きい小さいは別として、
少なからず課題や不安を
抱えて過ごしています。

けれど、
悩んでいる自分を見つけたり、
友人から悩みを相談されても

「悩んでいても仕方がないよ!」

と、
その不安を直視することをやめて
しまっているかもしれません。

どんな問題や課題も
解決することが大切です。

そう考えてみると、

「悩んでいても仕方がない!」
「気にしない!気にしない!」

と、
見てみぬふりをすることは、
解決したことには
ならないかもしれません。

部屋がちらかってきたら
掃除をして整理をするように、

心がちらかってきたら
心の整理をすることが必要です。

その心の整理に一番簡単で
効果的なのが「書く」ことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

整理整頓の出来ていない工場に、
素晴らしい職人はいません。
ーヘンリー・フォード

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「不安を抱えたままだと
 どうしていけないのかな?」

「その課題があると
 どんな問題があるんだろう?」

「不安が解決すると
 どんな気持ちになるかな?」

不安に感じていることや、
課題の根っこを探って、
その答えを書いてみる。

そうすることで、
頭も心も整理することが
できます。

小学生の頃、
「3×3」といった簡単な計算は
頭の中でもできましたが、
「15243×25239」といった
複雑な計算はきっと紙に書いて
筆算をしたと思います。

心の中もおなじ。
簡単な不安や課題はすぐに紐解けますが、
複雑なものは一度外に出して、
整理することが大切です。

子どもたち選手と一緒に、
もっとよくなるために、
どんな課題があるか?
を書き出してみましょう。