しつもんを使って目標を具体的にしよう。

13307252055_1d5e5af7ae_b.min

「20年後、
 どうなっていたら最高?」

「うーん、バルセロナで10番をつけて
 活躍してたら最高!!」

「おーいいね!
 じゃあそのために今週できることは
 なにかな?」

「うーん、努力する!!」

子どもたちと一緒に
将来のなりたい自分を見つめ、
その夢や目標に向かって、
いまできることを考える時間を
つくります。

けれど、
行動を促すしつもんをしても
多くの子どもたちから
「頑張る!」や「努力する!」
といった曖昧な答えが返ってきます。

僕らとしては
しっかりと努力しているのなら
認めたり褒めたりしたいのに、

このままだと、
努力したのかどうかは
本人しかわかりません。

そんな時に活用できるしつもんが、

「なにを?」
「いつ?」
「どれくらい?」

です。

努力するという曖昧な答えに対し、
問いかけることで、
行動を明確にすることができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目標が具体的かどうか。
ちょっとしたことだが、
ここが成功する人としない人との決定的な差。
ー柳井正(ファーストリテイリング)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「よし、じゃあ
 なにを努力しようか?」

「どれくらい頑張る?」

「いつやろうか?」

そう問いかけると子どもたちは

「じゃあ1日5分、
 お風呂上がりにストレッチをする!」

「1日10分、
 ご飯の後にリフティングの
 練習をする!」

というように、
より具体的な行動目標を
考えはじめます。

「努力する!」のような
曖昧なままだと、

あとで振り返ったときに、
どうすればよかったのかも
曖昧になってしまいます。

「なにを?」
「どれくらい?」
「いつ?」

というしつもんを使って、
目標を具体的にしましょう。