不安や恐れをエネルギーに変えよう。

7909765948_d3755cb69f_b

自信の源になる
心の奥底にあるもの。

それは「怖さ」。

かつて素晴らしい戦績を残した
ボクシングヘビー級チャンピオン
マイクタイソン。

そのトレーナーであった
カス・ダマトさんが
こんな言葉を残しています。

一流のボクサーほど、
試合の何ヶ月も前から
ゴングが鳴るまで、
ずっと怖がっているんだよ。

怖いから練習するんだ。

ところが三流の選手は
ゴングが鳴るまでは
平気な顔をしていて
ろくな練習もしやしない。

ところがゴングが鳴った途端、
ガタガタ震える。

これが三流の選手だ。

ボクサーにとって恐怖心は
ちょうど火がそうであるように、
あるときは素晴らしい友達であり、
あるときには最悪の敵である。

火をうまくコントロールすることによって、
私たちは食べ物を食べたり、
暖をとることができる。

けれど、
扱い方を間違えて暴れさせてしまうと、

火はすべてを焼き払い、
私たちを滅ぼしてしまいます。

恐怖心という
すごいエネルギーを
上手にコントロールすれば
素晴らしいファイトができる。

僕らは「怖い」と聞くと
臆病や弱虫といった
イメージを持ってしまいがち。

けれど、
その「怖い」というエネルギーを
上手にコントロールし、
力に変える手助けをしてあげることが
僕ら大人の役割かもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本田の男はみんなそうだよ。
臆病者の集まりで、大胆な人間や、
天才的な素材を持っている人間はいない。
臆病だから強がって、
下手くそだから練習する。
それをあきらめないで続ける。
今の圭佑があるのは、
とにかくグラウンドにいた時間が長く、
誰よりも練習したからだと思うね 。
ー本田大三郎(本田圭佑の祖父)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「負けるんじゃないかって
 不安なの…」

そうした選手に対して
「前向きに考えろ!
 大丈夫だよ!」

と伝えても、
なかなか不安を払拭することは
難しいかもしれません。

怖さがあるからこそ、
練習に打ち込み、
不安な部分を徹底的に
トレーニングする目的になります。

「大会に向けて不安なことはある?」

「不安がなくなるよう
 1つずつ解決していこう」

子どもたち選手の
怖さや恐怖心を
臆病者、弱虫と切り捨てず、
そのエネルギーを使って
自信に変えましょう。