ポジティブすぎて心配な選手とはこう関わろう

1016691310_ccf007f5ff

僕ら大人も子どもたち選手も

「どうしたら勝てるか?」
「どうしたら成功するか?」

ということを一生懸命
考えています。

「どうしたら明日の試合、
 勝てるかな?」

そう問いかけてあげることによって、

子どもたち選手は
目標を達成するためのアイデアを考え
前向きな思考が育まれ、
やる気が生まれます。

けれど、
それと同時に大切にしたいことが、
「もしかしたら負けちゃうかも…」という
失敗の理由を考える時間。

あえてネガティブなイメージを
することによって、

「負けてしまうとしたら
 こんな理由があるかも!」

と、失敗のイメージを発見し、
その対策を考えることができます。

僕らはついつい
「前向きに考えよう」
「ポジティブにポジティブに!」
と前向きな思考の選手だけを
良い選手だと扱ってしまいがち。

けれど、
ポジティブな思考も、
ネガティブな思考も、
どちらもその選手の主観です。

事実に対して、
ポジティブに捉えている選手もいれば、
ネガティブに捉えている選手もいます。

どちらに
良いも悪いもないんですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6割の失敗は許してやるわ
ー イチロー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メジャー開幕4連勝を飾った
ニューヨークヤンキースの田中投手に対し、
イチロー選手は

「うまくいかないことを前提として、
 いろんなことを組み立てている
 という感じに見える」

とインタビューに答えていました。

打者は3割打っても
7割が失敗です。

投手はその反対で
うまくいく確率が高い。

けれど、
田中投手は良くない時を
常にイメージしているから修正できる、
というのです。

「大丈夫!やれば勝てるよ!」
とちょっと楽観的になりすぎている
雰囲気を感じたら、

ポジティブに「勝てる方法」を
考えるのと同時に、

ネガティブに「負けてしまう理由」を
考えてみましょう。

両面から考える機会をつくって、
子どもたちとより良い準備をしましょう。