野菜の育て方と子どもたち選手の育て方の共通点

Colorful vegetables and fruits

「野菜はどうしたらおいしくなると思う?
 お水をやることも大事だけれど、
 一番大切なのは土なんだよ。
 わかるか?」

小さい頃、祖父から
そんな話をされたことを思い出しました。

祖父は岐阜県の田舎に住んでいて、
隣の家まで100m以上もありますし、
まわりは田んぼだらけ。

でも、
トラクターや
大きな川、
水洗じゃないトイレ(笑)など、

当時住んでいた名古屋では
体験できないものがそこにあり、
それはそれでとても楽しかったのを
覚えています。

有機野菜は土作りが命だそうです。

素晴らしい土が
おいしい野菜を作り、
出来ばえ、
品質、
味を左右するといいます。

子どもたち選手との関わりに
置き換えるとすると、
「土作り=環境づくり」と
いえるかもしれません。

どんなに僕ら大人が
「こうしろ、ああしろ!」と
技術やスキルを教えても、

そこに子どもたちの
「サッカーが好き!」
「練習したくてたまらない!」
という気持ちがなければ
いい選手は育ちません。

僕ら大人が子どもたちを
徹底的に管理し、
素晴らしい選手を育てたとしても、

自分で考える力がなければ、
僕らの手を離れたときには、
何をしていいか考えることができず、
力を発揮できなくなって
しまうかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人を育てるのは人ではありません。
環境です。
– 岡田武史(サッカー元日本代表監督)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大切なもの。

それは、
子どもたち自らが考え、
認め合い、
切磋琢磨して
成長し合える環境づくり。

そのためには、
「子どもたちが主役」
という価値観であったり、

監督やコーチにも
「いいえ」と言える雰囲気だったり、

「信じて待つ」という
僕らの姿勢が必要かもしれません。

奇跡はいつも、
種を蒔いた土の上。

「どんなときに
 子どもたちの笑顔が見れるだろう?」

子どもたちが自ら学び、
考え、行動できる環境を
つくりましょう。