子どもたちと問題は小さくわけて考えよう。

148365336_01e0d46696_b

マグロを解体せずに食べるのは
なかなか大変ですよね。

みんなでマグロを囲んで
箸で突っついても、
マグロは無惨な姿になってしまいます。

なので、
部位ごとに包丁で切り分けることで、
おいしく、きれいに
食べることができます。

おなじように、
チームや選手の問題や課題も
分けて考えることが大切です。

「リフティングが苦手!」という
問題を抱えている
サッカー少年がいたとしても、

ボールの蹴り方にはじまり、
蹴る場所、
体の向き、
目線…

そこには多くの問題が
絡まっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全体の印象にとらわれずに、
細かい点に注意を集中したまえ。
ぼくは女性を見るとき
まず袖口に注意する。
男ならズボンの膝のほうがいいがね。
ーシャーロック・ホームズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「水色」は
「青」と「白」から
できているように、

大きな問題は
小さな問題が絡まっています。

小さな問題を知り、
ひとつずつ糸を解くことで
大きな問題を
解決する糸口が見つかります。

「うちの選手は集中力がなくて…」
という問題も、

「まったくないのか?」

それとも、
「集中してプレーできるときも
 あるのか?」

という事実を整理してみると、
解決に向けた
関わり方が変わってきますよね!

子どもたち選手と一緒に、
問題や課題をあげて、

「問題がそのままだと
 どうして行けないんだろう?」

「本当の問題はなんだろう?」

と、
問題を分けて考えましょう!