感情をコントロールしたかったらモーションを変えよう。

888373079_2b6a9168e6_o

「うちの子、イライラして、
 ラフプレーをしちゃうんです」

僕ら大人もそうですが、
子どもたちも試合中には
感情をコントロールする力を
求められます。

「心はホットに。
 頭はクールに。」

と、昔から言われるように、
感情を剥き出しにして、
イライラしたり、
落ち込んでいたままでは、
いいプレーを生み出すことは
できません。

けれど、
そんな自分に対して

「イライラするな!」
「もっと冷静に!」
「いつまでも落ち込むな!」

と、心の中で叫んでも、
感情を切り替えることは
なかなか難しいかもしれませんし、

無理矢理に
「感情を変えよう変えよう」
としている間は、
その感情にとらわれてしまっています。

ですので、
まず大切にしたいのは、
自分の感情に気づくこと。

「いま、ぼくはイライラしている」
「落ち込んでいるんだ」

という感情に
気づくことが大切です。

そして、
もう1つのポイントは、
感情を変えるのではなく
身体を変えること。

感情は英語で
「emotion」と書きます。

身体の動きは英語で
「motion」

「emotion」を変えたければ
まずは先に「motion」を変えること。

落ち込んでいるのであれば、
顔を上げ、背筋を伸ばしてみる。

そうすることで、
自然と前向きに、
次のプレーに意識を向けることが
できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

嫌なことを忘れよう、
不安にならないようにしよう、
やる気を出してうつな気分から逃れよう、
などといっても逃れられないのが
私たちです。

このような時に姿勢を正し、
まっすぐに座る、
あるいは座禅のような姿勢をとると、
無理に不安を忘れようとしなくても、
自然に不安がなくなり、
今やろうとすることに精神が集中します。

精神が集中することを
仏教では「定(じょう)」といいます。

正しい姿勢が定を可能にするのです。
ー高田明和(医師、大学教授)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感情をコントロールする練習は
普段のトレーニング以外の時間を
使って、磨くことができます。

いまどんなことを感じているのか
自分の感情を辿ってみる。

うれしいのか、
かなしいのか、
怒っているのか、
笑っているのか。

まずはその感情に気づくこと。

そして、
もしその感情を
コントロールしたいのであれば、
感情を変えるのではなく、
身体の動きを意識して変えてみましょう。

うつむきがちだった姿勢を
正してみる。

涙を拭って、
笑ってみる。

子どもたちと一緒に、
感情を切り替える練習をする
時間を作りましょう。