子どもたちと成長するために、 今日は「いつもしないこと」をしよう。

いつもしないことをしよう

僕ら大人も子どもたち選手も
基本的には「このまま」が大好き。

チャレンジすると、
失敗するかもしれませんし、

まわりのチームメイトと
意見を合わせていた方が、
嫌われないし、
調和しやすいと
感じるかもしれません。

毎日違うホテルに宿泊するよりは、
居心地の良い実家に宿泊する方が
リラックスできるように、

いつもと違うことをするには
多少なりともストレスがかかります。

けれど、
それでは自分の中にある「常識」に
どんどんとらわれてしまい、

いつの間にか、

「あいつが悪い」
「それは嫌い」
「あの人のせいだ」

と、
あらゆる物事に対して
自分の価値観を押しつけてばかりで、
柔軟に対応する力が
弱まってしまいます。

子どもたちの中にある常識を
ちょっとだけ緩め、
柔軟な心を育てるために
おすすめなのが、
「いままでしなかったことをすること」

「バンジージャンプをする」
「スカイダイビングをする」

といったような
大きなことをする必要はありません。

「1人で買い物に行ってみる」
「いつも入らないお店に入ってみる」
「いつもは読まない本を読んでみる」

といったように、
いつもとちょっと違う行動をすることで
より柔軟性のある自分に
なることができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は、
いままでしなかったことをしましょうよ。
ー映画「ティファニーで朝食を」より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもしないことを
ちょっとだけ取り入れてみると、
いままでとは違った世界が見えてきます。

食わず嫌いだった食べ物も、
やらずに諦めていたことも、

一度やってみると、
「なんだ、大したことないや」
というものも
出てくるかもしれませんし、

考えてみるだけで、
気持ちを切り替えることも
できます。

「今日はいままでしなかったこと、
 どんなことやってみる?」

子どもたち選手と一緒に、
昨日までの自分より
ちょっとだけ成長しましょう。


もうお試しになりましたか?
「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
をプレゼントしております。

こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51