子ども達の行き先は決まっていますか?

こどもを伸ばす【質問】の授業。

高校生の時に全国制覇。
22歳でマンチェスターユナイテッド

に入り、25歳でバルセロナに入団。
そのために今週


は苦手な長距離に取り組む。
これは
小学3年生の子のしつもんの答え。
今日は神奈川県にある
南毛利FCの小学生たちとしつもんメンタルトレーニング
子どもたちと夢や目標についてたくさん
学んで来ました

子どもの自ら動く力(主体性や積極性)を
引き出すために大切なこと。
それは、
夢や目標を描くこと。
こんな姿になりたいな。
こんなことを叶えたいな。
子ども達はたくさんの夢を
もっています。
夢や目標を紙に書いてみよう!
と言っても中々書けない子でも、
なんでも叶えられるとしたら何を叶えたい?
これが叶ったら最高だなーと思う事はなに?
としつもんしてあげることで、
たくさんの想いを書き出してくれます。
行き先がわからない電車は不安ですが、
叶えたいゴールがみつかれば
その後の行動もハッキリします。
ぜひ、子ども達と夢を明確にしましょう。


たくさんの子供たちに目標や夢を持ってと伝えたい。
-澤穂希(なでしこJAPAN)

 




にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ

▽▼
facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼