ゴール(目標)を決めると、人生が変わる。

こどもを伸ばす【質問】の授業。

ウサギは何をみていて、カメは何を見ていた?

ウサギとカメの童話。
みなさんご存知ですよね。
ウサギとカメが山の頂上目指して競争し、
ウサギが途中で居眠りをしている間に、
カメが先にゴールするというお話です。
講演ではこのときに
こんなクイズをします。

「ウサギは何をみていて、
カメは何をみていたでしょうか?」

ゴールと自分の成長に意識を向けよう。

相手に意識を向けていたウサギと、
ゴールを見続けていたカメ。
ウサギは、
カメはどこにいるんだろう?
カメは何をしているんだろう?
と、ずーっとカメを意識していました。
一方のカメは、
山の頂上というゴールから目を離さず、
自分のできることを一歩一歩積み重ねていました。
これは、
僕らの人生でも同じ事がいえるかもしれません。
あの子はサッカーがとてもうまい。
友達がテストで100点取ったらしい。
周りの人がとても気になります。
あの子は走るのが速い。
友達はセレクションに合格したらしい。
なんで私は・・・。
けれど、ウサギとカメ、
どちらが確実にゴールに辿り着いたかを思い出してみると、
頂上という目標をずっと見続けていたカメが
ゴールに到達しています。
人を意識しすぎてしまうと、
自分のゴールがどこか
見失ってしまいます。
自分はどこに行きたいのか?
どんなゴールを達成したいのか?
人との比較ではなく、
ゴールに到達するために、
できることを考えよう。
>>>どんなゴールを描いていますか?
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼
facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼