壁に貼ったスローガンで終わらないチームの目標をつくろう

こどもを伸ばす【質問】の授業。

チームの目標をつくろう

チームで目標を立てる上で、
大切にしたい事。
それは、
チーム全体の目標となっているかどうか。
監督やリーダーが
一つの指針をこどもたちに
与えることは大切です。
けれど、
それだけでは
壁に貼ったスローガンのように
選手達の心には
残っていないかもしれません。
岡田武史監督が率いた代表チームは
「World Cup ベスト4」
という目標をたてました。
最初は選手達も戸惑い、
動揺したそうです。
しかし、
ベスト4に入るんだ!という強い信念と
具体的な対策、
そして
どのようにしたらベスト4に入れるのか?という
質問にチーム一丸となって答え続けた結果、
選手達自身もベスト4を公言し、
行動が変わってきたそうです。

目標は組織を一つにする役割を果たす。メンバーがバラバラに動くチームよりも一丸となったチームの方が強いのは誰もが知っている。ただし目標が壁に貼るスローガンで終わってはいけない。全員に理解され支持されて初めて、全員の行動を導く羅針盤になる。
-カーリー・フォリーナ(ヒューレッドパッカードCEO・会長)

この大会で優勝する。
こどもたちと
優勝した先のイメージと
どのようにしたら優勝に近づけるのかを
一緒に考えましょう。
時にこどもたちは
僕ら大人よりも
素晴らしいアイディアを持っていますもんね!
>>> チームの目標を立てていますか?
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 

▽▼
facebookやtwitterでのつぶやきはこちらから▽▼