コミュニケーションとはなにか。

いつもお読み頂き、
本当にありがとうございます!



■ コミュニケーションって何だろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「これが最後の大会だから
全ての力を出しきって頑張ってほしい」


子どもたち選手がのぞむ最後の大会。

「全力でやってほしい」
「悔いなく終えてほしい」

そんな気持ちを
どのように伝えますか?


目を見て直接伝えるのも
いいですし、
手紙の文字で
伝えるのもいいかもしれません。

ちょっと恥ずかしいから
メールで伝えるのもいいですし、
あえて人を通して伝えるのも
いいかもしれません。



メンタルトレーニングの技術の1つに
コミュニケーションがあります。


子どもたち選手に対し、

「自分のコミュニケーション力を
10点満点で表すとしたら何点?」

と問いかけると、
多くの選手が
「得意得意!!」
「いつもやってるもん!」
と、高い得点をつけます。


けれど、
「コミュニケーションとは
自分の思っていることを、
相手の心に届くように
伝えることができる力だよ」

と伝えると、
多くの選手が先程つけていた
点数と比べ、
低い点数をつけはじめます。




僕ら大人もそうかもしれません。


自分が思っていることや考え、
感じていることを
どうしても一方的に
子どもたちに伝えてしまいがち。




けれど、
大切なことは、
思いを子どもたち選手の
心に届くように伝えること。



そこには
綺麗さや正しさは
必要ないかもしれません。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ガチガチに緊張しながらも
自分の心の中の思いを
伝えようとしている子からは、
全身からその気持ちが感じられます。


一番気持ちが伝わってこないのは、
内容を丸暗記したように喋ることです。
いくらきれいな話し方でも
自分の言葉になっていないので、
聞く人は何も感じません。
ー松岡修造