子どもたち選手と「ありがとう」をパワーに変えよう

いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!
本日は、
子どもたち選手の「ありがとう」をパワーに
変えて、力を発揮する方法について
お伝えしますね。

 「ありがとう」をパワーに変えよう

「みんなのおかげ」
楽天イーグルスの田中将大投手が
開幕17連勝。
去年の連勝から続けて、
プロ野球新記録の21連勝を達成しました。
あの「神様、仏様、稲尾様」と愛されていた
稲尾和久さんを抜く大記録。
新記録を達成した
ヒーローインタビューで彼は
こう答えていました。
「みんなのおかげです」
子どもたち選手も
僕ら大人も、
1人で戦っているように見えても、
たくさんのバックアップや
サポートがないと戦えませんよね。
食事を作ってくれる人。
体のコンディションを整えてくれる人。
成長をうながしてくれる人。
間違いを指摘してくれる人。
道具の整備をしてくれる人。



様々なサポートを受けて、
大きな記録を達成することができます。


どんなにハードなトレーニングも、
これを達成すれば、
前進出来ると思えるから頑張れる。
わずかな一歩であっても嬉しい。
小さな幸せを意識するからこそ、
努力も継続できる。
幸せを感じれば、
気持ちも自然とポジティブになる。
冷静に現実を見つめる力も必要だけど、
悲観的な感情はマイナスになるだけだ。
「ありがたいな」と思う気持ち、
感謝の心を持つことは、
そういう小さな幸せを手にする
チャンスをたくさん作ってくれる。
成長するために、
感謝の心は必要不可欠なんだ。
ー長友佑都(日本代表サッカー選手)




普段から思っていないと、
「みんなのおかげ」という言葉は
でてきません。
普段から、感謝の気持ちを
大切にしていないと、
「みんなのおかげ」という言葉は
でてきません。
子どもたち選手とも
試合に勝ったとき、
試合で点を決めたとき、
試合でスーパープレーをしたとき、
「みんなのおかげ」
と言える、
感謝の気持ちをいまから
大切にしたいですね。
>>> 今日は、誰にありがとうを伝えますか?

お知らせ 

 
子どもたち選手のやる気と力を引き出すメールマガジンのご登録はこちらから。  
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ