子どもの愛される力を育てよう。

こどもを伸ばす【質問】の授業。

子どもの愛される力を育てよう。

まわりの人から愛される人っていますよね。
勉強ができるからとか、
サッカーがうまいからという理由じゃなくって、
まわりの人から愛される人。

NOと言えない女の子

自己主張しないで
自分のおもちゃを
お友達に全部貸しちゃう女の子。
親から見たら
断ることも覚えて欲しいと思うかもしれません。
でもその女の子は、
嫌だなんてちっとも思ってなくて、
友達がおもちゃで遊んで
楽しそうな顔を見るのが
嬉しいのかもしれません。

ベンチで嬉しそうな男の子

自らベンチに座って
チームの応援にまわる男の子。
親から見たら、
試合にでて活躍して欲しいと思うかもしれません。
でも男の子は
チームが勝つために、
いま自分が出来る事に
精一杯取り組んでいるのかもしれません。
一見注意したくなるような、
ちょっとみえないところ
その子らしさが隠れています。
子ども達の「らしさ」を
引き出すために大切なことは、
ありのままを認めること。
サッカーがうまいからとか、
勉強ができるとか、
学校で一番になる能力が
あるからではなくて、
欠けているところも含めて、
親から愛されてるんだ。
心のつながりを感じた子ども達は、
ますます自分らしさを発揮していきます。
男らしくとか
女らしくとか
子どもらしくとか。
そうした基準ではなく、
本来持っているその子らしさを
引き出し、愛される力を育てましょう。
>>> 隠れてるいいところは何ですか?

お知らせ 

クリック!
更新時に直接届くメールマガジンの登録はこちらから。  
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼
facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼