話す機会が子どもを成長させる。

イギリスの編集者ボーンは
会話は瞑想以上のものを教える」と言っていましたが、
人と話す事で自分の頭の中を整理したり、
目的を明確にすることができます。
こどもを伸ばす【質問】の授業。
こどもを伸ばす【質問】の授業。
日の午前中は
森の中を連想させるような
表参道のカフェに行ってきました。
子ども達がよりその子らしく輝くために、
僕ができることは何か?
というテーマで
コーチの方とたくさん話をさせて頂きました。
人と話すことって、
とても大切だと思うんです。
一人で机に向かって
10年後どうしたいかな~と
考えても、中々アイデアが浮かびませんが、
友人から
10年後どうしたいの?
と聞かれると、
「何か答えなきゃ!」と
脳がフル回転し、
そのタイミングで一番の答えを
引き出してくれます。
その答えが
「わかんない」であっても、
「プロサッカー選手になりたい!」
という答えであっても。
その時の答えを受け止めて
より良くするための方法を
考えればいいですからね。
ビジネスの世界で活躍しているコーチは、
自分自身にも専属のコーチを
つけているといいます。
コーチのコーチです笑
僕もコーチと話をしていく中で
頭の中が整理され、
たくさんのアイデアや
行動が生まれます。
ぜひ、信頼できる人と
安心して話す機会をたくさん作りましょう。
そして、
子ども達のコーチであるみなさんは、
子ども達の話をぜひ聴き、
受け止めて、
誰にも話せないことを
信頼して話せる機会を作ってあげてくださいね♪
>>>何でも話しを聞いてくれる人が、大切にしていることは何ですか?

にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼
facebookやtwitterの投稿はこちらからお願いします▽▼