子どもたち選手と毎日、新しい自分になる。

■ いつもと違うことをやってみる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京から大分へ
飛行機で向かうために空港へ。

ちょっと早く到着したので、
いつもよりちょっと
ゆっくり歩いてみることにしました。

すると、
何回も利用しているはずの空港なのに、

「こんなサービスあったんだ!」
「ここにこんなものが!!」

など、
新しい発見があったんです。

僕はどちらかというと
歩くのが速い方。

なので、
ちょっとゆっくり歩くだけで、
いつも見えていなかった情報が
飛び込んで来たんですよね。

そう考えてみると、
いつもと違う自分を演じるみたり、
ちょっといつもと違うことをしてみることで、
新たな自分と出会えるのかもしれません。

僕ら大人も子どもたちも、
無意識に取り組んでいることが
たくさんあります。

そうした習慣や
無意識にしている行動を
意識して変えてみることで、
新たな発見があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明日は今日と違う自分になる。
毎日毎日違う自分になること。
これは「試すこと」を
続けなければならないということ。
ーデイル・ドーテン
                   ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもと反対の手で歯磨きをしてみる。

一駅歩いて帰ってみる。

ゲームやめなさい!ではなく、
一緒に子どもとゲームをしてみる。

歩くスピードを変えてみる。

たまにはイヤホンを外して
街を歩いてみる。

外国の方のように、
雨が降っていても
傘をささず歩いてみる(笑)

基礎練習から応用練習、ゲーム、
という練習サイクルをやめて、
いきなりゲームをしてみる。

いつもの習慣を
あえて違う方法でやってみる。

そうすることで、
僕ら大人も子どもも
新たな自分に出会えます。

>>>意識してどんな違うことに取り組んでみますか?

>>> ブログの記事をダウンロードできます(PDF)