子どもたち選手の敗戦を力に変える方法


いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!
敗戦を力に変える方法について
お伝えしますね。

「ピンチをチャンスに変える」質問

負けるのがいや。
そのように考える
子どもたち選手は
たくさんいます。
強い相手や、
見た目が強そうな相手を前にして、
最初から試合を投げてしまう。
ときには、
負けるのが嫌なら
勝負しなくてもいいかもしれませんし、
負けるのが怖いなら
すぐに逃げるもの良しかもしれません。
けれど、
ひと回り大きな選手になるためには、
負けることの覚悟も必要。
負けを受け止め、
負けから学ぶ、
力に変える素直さが必要です。
ずーーーーーっと勝ち続ける
選手はもちろんいませんし、
勝ったり負けたりの繰り返しです。
で、あれば
最初から諦めるのではなく
負けからいかに学ぶか。
そこで探してほしいのが、
「うまくいったことは何だろう?」
0-15で負けた試合にも、
肩を落とすような敗戦の中にも、
必ずプラスの要素はあるはず。
それを
徹底的に探すことが
とても大切です。
うまくいったことは何だろう?
プラスの要素を次の試合に
つなげていく。
その繰り返しが、
子どもたち選手の自信や
挑戦する気持ちにつながってきます。


人間は負けたら終わりなのではない。
辞めたら終わりなのだ。
ーリチャード・ニクソン(元アメリカ大統領)



負けから学び、
力に変える。
良いところをさらに伸ばし、
悪かったところを改善する。
そうして、
また次に挑戦する。
今までの負けを、
次の試合に、
次の人生に
活かしたい。
>>> 敗戦から学んだことは何ですか?


お知らせ 

 
子どもたち選手のやる気と力を引き出すメールマガジンのご登録はこちらから。  
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ