子どもたちがシンプルに勇気と知恵を持ち生きるコツ。


小学生からのメンタルトレーニング
いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!
本日はシンプルに勇気と知恵を持って生きる
ポイントをお伝えしますね。

シンプルに勇気と知恵を持ち生きる。


いま、原宿・明治神宮前駅で
ひと際目立つ行列を作っている
お店をしっていますか?
いつも目の前を通る度に
そのあま~い香りに
惹き付けられていたのですが、
あまりにも長い行列に
断念していました。
そのお店とは
ポップコーンの専門店です。
いま、
原宿ではポップコーンが
あついのです(笑)
人が並んでいたり、
話題になっているお店は
気になる質なので、
時間が空いた昨日、
勇気を出して列の一員に
なってきました。
次の約束まで30分。
これならいけるだろうと
勘ぐっていたのですが、
全然進まない(笑)
いえ、
進んでいるんですが、
僕の順番まで到達するには
まだまだ時間がかかりそうです。
そして、
僕の後ろには
どんどんと列が伸びていく一方です。
目の前には並んでいる方が
約8組。
お店の中にはまだ
行列があるかもしれません。
約束の時間までは
あと10分。
1組1分と換算しても、
約束の場所までは間に合いそうに
ありません。
せっかく20分ならんだのだから、
約束の時間に遅れてでも買うべきか。
それとも
並んだ時間は手放して
約束の場所に向かうべきか。
どうしよう・・・。
これって
僕らの人生や
子どもたち選手の育成でも
同じことが言えるかもしれません。
今まで培ってきた
価値観や考え方に
僕らは無意識に
縛られてしまいます。
こうするべき。
こうしなきゃ。
時間が経てば経つほど、
他の価値観を取り入れることが
できなくなってしまいがち。
でも大切なことは、
スッと伸びる軸となる考え方を持ちながらも
柔軟性を持つことだと思うんです。
中には
今までやってきた行動を
手放し、
新しい手法に切り替える事も
大切かもしれません。
けれど、
それには勇気が必要ですよね。
何を切り捨てるべきかを知ること。
それを知恵という。
何かを手放す必要がある時に、
それを手放せるだけの明晰さと強さを持つこと。
それを勇気という。
知恵と勇気をもって毎日を生きていこう。
そして生活をシンプルにしていこう。
– ヴィルヘルム・ミュラー
今の考えに縛られず、
柔軟な思考を手にいれる。
より良くするために
手放す勇気を。
>>> 勇気を持って手放していますか?
PS
僕はポップコーンの行列に並んでいた時間を
手放すことにしました(笑)
次回はポップコーンレポートしますね!