2013年を振り返ろう。

いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!
本日は、2013年の振り返りの方法
についてお伝えしますね。


振り返りの7つのステップ


2013年ものこりわずか。
この1年で、
自分はどれくらい成長できたかな?
と思うと、
ちょっと不安になります(笑)
2014年を気持ちよく
迎えるためにも。
そして、
より素晴らしい1年にするためにも、
一度立ち止まって
今年を振り返ることが
すごく大切です。


 
三流の選手ほど、
ふりかえりもせずに
焦ってトレーニングをしてしまう。
それは禁物。
しっかり振り返って対策を考え
行動することが大切。
ー 白石豊(福島大学教授)



この1年を振り返ってみると
たくさんの出来事があったと思います。
よかったことも
わるかったことも、
踏まえた上で、
その出来事を
次に生かすことが大事ですよね。
今日は子どもたち選手とも
実践している
振り返りの7るのステップの
方法をお伝えします。
==================
 振り返りの7つのステップ
1.出来事を書き出す
2.評価をする
3.なぜ、そう思うのか?を書き出す
4.心の中を書き出す
5.より良くするアイデアを書き出す
6.スケジュールに入れる
7.行動にうつす
==================
まずは
1月、2月・・・と
出来事をおってみる。
「○月○日 こんなことがあった。」
ちいさな出来事、
おおきな出来事、
どんなことでもいいから
出来事をどんどん書き出してみる。
出来事を書き出したら、
今度は自分で
評価してみます。
よかったのか
わるかったのか。
なぜ、よかったと思うのか。
なぜ、わるかったと思うのか。
どんな原因で起こり、
自分はどう感じていたのか。
殴り書きでもいいので、
たくさん書き出しみる。
ここまでは事実を
ふりかえる時間。
今度は
アイデアや改善策を
考える時間をつくりましょう。
「どのようにしたら
 もっとよくできただろう?」
「どのようにしたら
 もっとよくなるだろう?」
アイデアを思いつく限り
書き出す、書き出す。
アイデアはなるべく
具体的に。
そして、
最後はそのアイデアを
スケジュールに書き込む。
スケジュールに書き込んだら
あとは行動にうつすだけ。
もちろん
これを全てやるのには
すごく時間が必要です。
静かな空間で
2時間~3時間かかるかも
しれません。
けれど、
この振り返りをするだけで、
2014年にやりたいこと、
やったほうがいいなと思うことが、
ずいぶんすっきりします。
そして、
大切な自分自身との
対話の時間をつくることは
もっとも重要なことですよね。
がむしゃらに行動することも大切。
けれど、
一度立ち止まり、
現状を把握し、
行動を整理しましょう。
ぜひぜひ、
一度、紙とペンを用意して
2013年を振り返ってみてくださいね。
>>> 来年はどんな1年にしたいですか?



お知らせ


 
子どもたち選手の力を引き出す記事を
 お手元にお届けします。
 ご登録は下記からお願いします。ありがとうございます!
 
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ