子どもの心に届く無償の愛

いつもお読み頂き、
本当に本当にありがとうございますっ!!
本日は、大事にしたい無償の愛について
お伝えしますね。

サンタさんが与えているもの。


今日はクリスマス。
街には幸せな空気が
たくさん漂っています。
手をつないで
仲良く歩くカップル。
プレゼントでもらった
おもちゃを片手に走り回る
子どもたち。
そもそも
サンタクロースの紀元って
知っていますか?
ある日ニコラウスは貧しさのあまり、
三人の娘を嫁がせることのできない
家の存在を知った。
ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、
屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。
このとき暖炉には靴下が下げられていたため、
金貨は靴下の中に入っていたという。
この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた。
という逸話が残っています。
この逸話が由来となり、
「夜中に煙突から家に入って、
 靴下の中にプレゼントを入れる」
ことがクリスマスの風習になったのですね。
サンタさんは
プレゼントをあげるのが
好きで得意なこと。
「プレゼントあげたんだから
 お礼してよ!」
とは言いませんよね(笑)
これは僕ら大人も
おなじことが言えるかもしれません。
僕らはついつい、
見返りを求めてしまいます。
「あんなに教えてあげたんだから!」
「今までどれだけ・・・」
「あげたんだから返してよ」
子どもたち選手へ
時間とエネルギーをかければかけるほど、
見返りを期待してしまいます。
けれど、
サンタさんが見返りを求めないのは、
それが「好き」で「楽しい」から。


 
「何かしてあげる」と
自分勝手な愛情を押し付けるのは
自分がかわいいだけ。
本当の愛は見返りを求めない無償の愛。
ー 美輪明宏



子どもたち選手に
見返りを求めず、
無償の愛を与えましょうっ。
「メリークリスマス!!」
見返りを求めず、与えていますか?

お知らせ


 
子どもたち選手の力を引き出す記事を
 お手元にお届けします。
 ご登録は下記からお願いします。ありがとうございます!
 
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ